元時給800円で凡人大学生の僕が月収100万円を稼ぐまでの物語

こんにちは、初めまして!
ぐっちです。

僕ば現在、23歳で
雇われずに自分でインターネットを使って、ビジネスをしています。

ビジネスを始めて1年半ほどですが、
月に100万円、多い時は500万円ほどお金を稼げるようにもなりました。

今では、
お金と時間の自由を手に入れることができ、
理想的な人間関係を築くことができ、
ストレスフリーな毎日を送ることができています。

胡散臭いですよね・・・

お金を稼ぐ系って、どうしても怪しく見られがちなんですけど、
実際はそんなことはなくて、僕の周りの起業家や経営者たちは
良い人達ばかりで、お金を稼ぐことに楽しみを覚えている人ばかりです。

その辺りのことについてお話ししたいのですが、
僕のことを知らない人も多いはずなので、

僕がなぜ情報発信をやっているのか?
経緯と理念をお話ししていきますね。

無の学生時代

僕は小、中、高、大と無の学生時代を過ごしてきました。

具体的には、
友達もほとんどおらず、
自分に自信もなくて、
お金もなくて、
青春みたいなこともほとんどなくて、
学歴もなくて、

何も目立つような功績も特技もありませんでした。

僕は幼い頃から大学生になるくらいまで
太っていたのですが、

それが原因でクラスの人間から
悪口いわれたり、からかわれたりすることが多かったように思います。

デブ、
太っちょ、
からあげ、
あせだく野郎、
たこやき、
etc

あげればキリがないですが
これらのことを毎日のように言われてました。

特に小学生の頃は、
これらのことを言われるのがものすごく苦痛でした。

当たり前なのですが、当時はまだ子供なので
他人の目とか意見とか言葉を気にしないなんていうタフなメンタルは存在していませんでした。

当時の僕に唯一できたのは
学校をサボって、物理的に悪口が言われないような環境をつくることだけでした。

両親に相談たこともありましたが、
「そんな奴らは友達では無い。新しい友達つくりなさい」という的を射ていない助言で終わりました。

そんなこともあって、
自分に自信もなくなって、人と話すのも怖くなって、コミュ障にもなっていきました。

自分は価値のない人間だと思っていました。

中学の時は、

プリント配る順番飛ばされたり
太っているからという理由で、給食の残飯処理やらされたり
理由は分からないけど、女子からキモがられたり

まぁいろいろありました。
この時が精神的には1番しんどかったですね。

部活ではテニスをやっていました。

中学の部活のテニスってだいたい
軟式のテニスで、ダブルスしかありませんでした。

1人で試合するんじゃなくて、ペアの人と組んでやるんですね。

僕にも相方がいたんですけど、僕はメンタル拗らせていたので

ミスすると怒られるんじゃないか?
嫌われるんじゃないか?

という思い込みを発動させてしまって、
余計にミスるということをやっていました。

ゆえに、練習では打てるんだけど
試合ではラケットが振れない。なんてのも日常茶飯事で、部活も楽しくはありませんでした。

それもこれも、

元々は太っていたことにより、学校で悪口いわれて、
自分に価値ないと思い込んで、嫌われるのが怖くなって、

という負のスパイラルが原因です。

人ともうまく話せない人間だったので、
ほとんど、友達もいませんでした。

学生時代と言えば、
夏祭りとかいくらしんですけど、
僕は家でポケモンのアニメ見るしか選択肢がありませんでした。

さらに、僕にはお金がありませんでした。

家庭自体は、ごく一般的な家庭だった思うのですが、
(両親が自営業者でお弁当屋さんをやっていました)

理由はわからないのですが、
お金についてはすごく厳格な人でした。

周囲の人たちは、月に3000円とかお小遣いをもらっていたらしいのですが、
僕のお小遣いは100円とか、良い時で500円とかだったのを記憶しています。

中学頃はお金のコンプレックスが大きかったです。

当時はやっていたゲームで
モンスターハンター2ndGというゲームがありました。

放課後、皆でこれをやるために集まってやってたのですが、
僕はお金がないし、買ってもらうこともできなかったので、仲間に入ることはできませんでした。

それと、ごくたまに近くのAEONに遊びに行っても、
僕はお小遣いを少ししか貰えなかったので

行き帰りの交通費と、マックのポテトsサイズを買うと財布が底をつき、
皆でゲームセンターとかもいけませんでした。

高校時代は、学力コンプレックスに悩まされました

勉強という勉強を一切してこなかったし、
授業中も隠れてパズドラをやってた人間なので、

テストで赤点取るわ、呼び出しされるわ

優秀とはかけ離れていました。
でも、周りには優秀な奴がいっぱいいました。

部活もできて、勉強もできる。さらに、ノリも良い。

というチートみたいな人間が一定数いたので
自分の才能とかセンスのなさを恨みました。

当時は、勉強は才能とか思ってましたから

大学受験の時も、とりあえず受かる大学を選ぶことになりました。
成り行きです

大学生の時は、アルバイトに明け暮れる毎日でした。

寿司屋
カラオケ
アパレル
パン工場

まあ、色々やりました。

理由は、奨学金という借金の存在です。

僕は大学に成り行きで進学したわけですが、

その大学自体が私立学校で、地元で学費も有名なくらい高くて、学力もなくて利子つきの奨学金で、
金額みたら到底将来返せないと悟ったから、コツコツ今のうちに稼がないとと恐怖したわけです。

ちなみに、優秀な人間だと

奨学金免除とかできたり、
利子がつかないらしいですが、

僕は違いました。
高校の成績オール2とかでした。

唯一、体育と音楽だけは評価が良かった記憶があります。

それで、アルバイトに明け暮れるわけですが
どれもブラックなものばかりでした。

特にカラオケ店は劣悪すぎました。

地元のヤンキーばっか集まってきて、
海賊の酒場みたいになってました。

ご機嫌を損ねるとブチギレられたりしますし、
彼らは、普通に店内の壁に穴開けたりします。

それでも、自給は800円でした。

この時、労働でお金を稼ぐということの恐怖を感じました。

さらに、僕には大学時代、友達がいませんでした。
正確には最初はいたのですが、後にいなくなりました。

コミュ障だったし、
メンタル拗らせてたし、

まぁそれらが理由で人間関係で問題が多発して、
孤独になったというわけです。

皆が協力しあってテストを突破しようとしてる中で、僕は1人ででした。
皆がワイワイ食堂でご飯食べてる中で、僕はスーパーのイートインコーナーでおにぎり食べてました。

一方で皆は、楽しそうに男女4人とかで
海行ったり、BBQしたり

これぞ、青春という日々を過ごしていました。

羨ましいな。と思いましたが、
それを口に出すことはできずにいました。

そんなこんなで、大学3年生になるのですが、

友達いない
学歴ない
お金ない

となってくると、就職するのにも絶望を感じていました。

どうせ就職しても、この学歴なら高収入になるの無理だろ。
コミュ障だから友達もできないし、毎日毎日働いて、怒られて、
休みの日はAmazonプライムコースだな。

と将来の予測ができた時、僕は全力で
就職しないという道を模索し始めました。

インターネットビジネスとの出会い

最初は、

「大学生 就職しない」
「大学生 ニート お金稼ぐ」

などのワードを検索したのを覚えています。
必死でした。

そんな時、あるブログをみつけました。
そのブログを書いている人は

起業していて、パソコン一台でハンモックに転がりながら、お金を稼いでいる

という人間でした。

時間も自由でお金もあって、仲間にも充実している。
それでいて、毎月1000万とかお金稼いでる。インターネットビジネスというものを彼はやっていました

超理想じゃん・・・

素直にそう思いました。

でも、胡散臭いんだよな。怪しすぎるよな

と思いその時はパソコンを閉じました
ですが、1週間経っても忘れることができずに
僕はインターネットのビジネスについて調べまくりました。

調べるうちに、インターネットのビジネスが構造的にお金が稼げることが分かり、
僕はその世界に勇気を振り絞って飛び込みました。

この退屈な無の人生を変えたい。

という強い思いが僕を動かしました。

最初は、
120万円の起業塾に入りました。

なんとか、
アルバイトとローンでお金を工面しました。

それから、
転売というビジネスをやりました。

誰でも稼げると聞いたからです。

その後に、
ブログ作ったり
メルマガ書いたり

情報発信のビジネスも始めました。

どちらのビジネスも当時の僕には刺激的で新しい発見とか、
知らない世界で取り組んでいくのが楽しかったです。

もちろん、苦しい時も多少なりともありましたが、

退屈だった大学生の時間から
ビジネスが僕を新たな世界に導き出してくれました。

ビジネスで得た1番の財産

ビジネスを始めて、
月に100万円といったお金を稼ぐこともできるようになりました。

僕は、お金と時間の自由を得ることができました。

もちろんそれだけじゃなくて、ビジネスを始めたことで

成功体験ができて、自信もついたし
普通ではでいない体験ができたり、
勉強するのが楽しくなったり、
欲しいものも買えるようになったり

いろんな良いことがありました。

中でも1番大きかったのは、

価値観の合う友人ができたり、
理想的な恋人ができたり、

人間関係が充実したことにあります。

僕は無の学生時代をすごし、
友達もほとんどいない状態を過ごしてきたので、

一緒にゲラゲラ笑ったり
朝から晩まで友人と遊んだり

するのにすごい憧れを感じていました。

ビジネスをしたことで、
その夢が実現することになりました。

これは本当に僕にとって大きな財産であります。

僕が情報発信をする経緯と理念

僕がブログやメルマガやTwitterなどを使って、自分の情報を発信しているのは

「人生の幸福度を最大化してほしい」

お金と時間の自由を手に入れて
理想的な人間関係を手に入れて
人生を思いっきり楽しむ人たちを増やしたい

という思いが根底にあります。

もちろん、綺麗事で終わらせるつもりはないので
そのために僕は日々、勉強して実践して成長続けています。

ワガママを通すにも実力がいるからです。

僕自身、

毎日のように時間忘れて遊びたいし、
旅行行きたいし、
仲間とゲラゲラ笑いたいし

とかとか、人生で色々やりたいことがあります。
これを全て叶えるためには、実力が必要になります。

実力というと、現実的なところ
お金を稼ぐ力にあたります。

綺麗事抜きにして、お金がないと遊ぶことすらできません。

だから、
勉強にも全力だし、成長し続けるということです。

すべては、
1度きりの人生を死ぬほど楽しむためであります。

もし、僕のブログを見てくださっている方で
僕と同じく

1度きりの人生楽しくすごしたいぜ!

と思う人がいるなら、
これからも僕の発信を見ていただきたいと思っています。

何か重要な発見とか学びを与えることができるように僕も日々努力していきます。

けど、
楽して稼ぎたいとか
努力するのがだるい

という方には正直お勧めできません。

ネットのビジネスは他のビジネスよりは余裕でリスクなく始められて、
結果を出すのも容易ではありますが、楽して稼げるみたいなものではなかったりするからです。

最後に

最後にはなりますが、

僕はインターネットビジネスを初めて、良くも悪くも人生が変化しました。

友達いない
お金ない
自信ない
学歴ない

といった、無の人間から

お金と時間の自由を得ることができ、
学歴はないけど、勉強するということに喜びを覚えて、自信もついて
理想的な仲間や恋人を手に入れることができました。

これも運良く、インターネットビジネスに出会い
勇気を振り絞って飛び込むことができたからだと思っています。

あの時、勇気を出して本当に飛び込んでよかった。

僕はこれからも、多くの人に自分の理念である

お金の自由
時間の自由
人間関係の自由

を伝えて、手に入れてもらうために
日々、成長し発信を続けていきます

もし、僕の発信に少しでも心が動き

僕も私も変わりたい。人生楽しみたい!

と思ったのであれば

少しづつでもいいので、行動をしてみてください!

小さいことでも積み重ねれば必ず成果は付いてきます。

共に、人生を謳歌しましょう!

長くなりましたが、ここまでお読みいただきありがとうございました

ーーーー物語終わりーーーーー

僕は21歳で起業して、
22歳で月収100万円を達成しました。

怪しいと思われるかも知れませんが、
普通にインターネットを用いて、ビジネスを行っています。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
学歴なし、人脈なし、お金なし。という状態でした。

そんな僕でもビジネス出会い、起業をして自信を得ることができて、
月収100万まで稼げるようになりました。

今では、
お金と時間の自由と理想的な人間関係
を手に入れて充実した日々を送ることができています。

これまでどんな悲惨な人生を送っていたとしても、
僕は誰でも変わることができ、理想の人生を送ることができると思っています。

現代は、一般常識や世間の風潮に影響されて
自分が本当に心からやりたいことに蓋をしてしまう人が多いと思っています。

僕は一度きりの人生なんだから、
自分の理想的な人生を皆がかなえるようになるべきだと思っています。

けど、そう言われても
具体的に何をすればいいの?となる人が多いと思うので

自由を手に入れて一度きりの人生を謳歌するための
具体的なステップをまとめた電子書籍を出版しました。

メルマガ限定で1200円の電子書籍を無料で読むことができます。

ストーリー形式に書いてあるので、
スラスラと読めると思います
「自由を手に入れて人生を謳歌する」

僕の経歴はこちらの記事に詳しく書いてます
自由を手に入れるまでの物語と行動理念

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です