ヒトラーは人を動かすプロだけど、もし現代に復活したらどうなるのか?

こんにちは、ぐっちです。

先日、この映画を見ていました。

ヒトラーが現代に蘇るという物語。

いきなりですけど、
ヒトラーってどんなイメージです?

悪者、ナチス、戦争、残虐・・・・

悪いイメージしかでてきません。
逆に良いイメージがない。

高校の時に、社会の授業で習うことがあると思うのですが、

ヒトラー=悪

という視点で教えられた影響が大きいと思う。

まあ、たしかに事実だけみれば
悪人だと思う。

ですが、見方を少し変えてみてほしい。

ヒトラーから学びとるものないかな?と思った時に
ヒトラーって人を動かすプロなわけ。

だってですよ。

ことはどうあれ、
ヒトラーという人間が1人存在しただけで

戦争が起きるわ。大虐殺が起きるわ。

人を動かしまくるプロなわけ。

そこでです。

ヒトラーから学べないか?
商売に使えないか?

ということを考える。

商売というものは、人を動かすことが重要になってきます。

【商品を買ってもらう】

行為そのものが、人を動かすことですから。

人を動かすことができるというのは、
強力な武器になる。

武器は使い方次第で、善にも悪にもなる。

正義に使えば、善
非正義に使えば、悪

ただそれだけ
武器に善も悪もないわけ。

事例を見てみよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は携帯が欲しい。

学校で皆持ってる。いいな。皆で連絡を取り合って、家に帰ってからもメールしたり、電話したりして楽しんでる。楽しそう。僕も欲しい。皆で携帯ゲームしたい

そこで、お母さんに相談した。

お母さん、携帯買ってよ。最近、皆持ってるんだ。
最新のスペックじゃなくていいからさ。古いのでいいだよ。
古いのだと、中古で売ってて、安いんだよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実際に中学生だった頃の僕のトークがまさにこれだ。

携帯を買って欲しさに、お母さんに、このトークを展開していた。

結果、買ってもらえなかった。

だけど、今なら買ってもらえる自信がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お母さん、携帯買ってよ。僕の友達皆持ってて、買ってないと仲間に入れないんだ。
学校では、皆、携帯で流行ってるアプリの話ばっかだし、持ってないと話に入れない
誰も、遊びにも誘ってくれない。皆夜は、携帯で連絡を取り合ってて、楽しそうにしてて、
僕だけ仲間外れなんだ。持ってないと、遊ぶにすら誘われないんだ。
大人の世界では違うかもしれないけど、中学生では、こういうことで差別を受けるんだ。
使う時間も制限するし、お皿洗いも手伝う。だから、買ってほしいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

圧倒的に後者の方が良い。

実際にこのように伝えたら、お母さんも動いていたはずだ。

後者のトークができていれば、少しは変わっていたのかな?
今ではそう思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です